アオゾラホワイト
  



テキサスで翻訳をしながら主夫をしている元地質学者のブログ。
by tomo-hyo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
WPWと心臓専門病院
16年ぐらい前、健康診断の心電図でひっかかって以来、WPWの疑いありでいつも心電図ではひっかかってしまう。今月行った健康診断でも、事前には言っていたものの、ひっかかり、心臓専門医を紹介された。

その専門病院に行って話を聞いた。
・心臓の鼓動を促す電気信号を送るバイパスがあるために、鼓動に異常が起きるのがWPW症候群。
・だいたい、1000人に一人ぐらいの確率でそのバイパスがあるらしい。
・状態がどれだけ危険かを調べるには、運動したり日常生活中にずっと心電図をとる必要がある。
・通常、WPW持ちの1000人に一人ぐらいの確率で発作(?)が起きる。
・年をとるとWPW症候群が起こる危険性が高まる。
・最近(12年前ぐらい)になってWPW安全な手術法が確立された。
・内視鏡をつかう手術で、成功率97%。
・内視鏡なので、通院で手術できる。
・手術しても二日後には運動できる。
・年をとるとWPW症候群が起こる危険性が高まる。

以前病院にいったのが最初に心電図にひっかかった16年前なので、当時は開腹手術だったらしく、たぶん安全性が低かったんだと思う。自分のもっているWPWというものが理解できてよかった。
そして技術の発展に驚いた。心臓の手術を開腹する必要ないってすごいわ、内視鏡。
[PR]
by tomo-hyo | 2013-02-20 22:30 | 日常
<< スタイラスペン 偏頭痛 >>