アオゾラホワイト
  



テキサスで翻訳をしながら主夫をしている元地質学者のブログ。
by tomo-hyo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
16/01/06 Mon.
とっていた4週の休みもおわり久々に学校へ。

システムが変わって、朝15分早く授業が始まることになりました。

早起きせねば・・・。

ブロック(学校のカリキュラムの単位:うちは4週間)の最初の日だったので、早く終わる。

自主勉も早く始めたので、7時頃にエネルギー切れ、プスプス。

と言うことで映画を見に行きました。

〜〜〜〜〜

Capote カポーティ (2005)
a0025766_12295593.jpg


内容:1959年、カンザスで起きた一家四人殺人事件のニュースの記事を読んだトゥルーマン・カポーティはその事件について興味を持つ。やがて、犯人は捕まり、犯人との交流を通してこの事件をノンフィクション小説として書き始めた・・・。

実際にあった事件と著名な作家のトゥルーマン・カポーティについての話。
作家と、殺人犯との気持ちのやりとりがうまく写されていた。
カポーティ役のフィリップ・シーモア・ホフマンの演技がさえる!!!
この人が出ている映画見たことあるのに、まったく気付かないほど特徴的な演技をしていた。
ただ、しゃべり方も特徴的すぎて、聞き取りずらかった・・・。
もう一度見てみたいとおもうよ。
[PR]
by tomo-hyo | 2006-01-16 22:09 | 日常
<< 23/01/06 Mon. 09/01/06 Mon. >>