アオゾラホワイト
  



テキサスで翻訳をしながら主夫をしている元地質学者のブログ。
by tomo-hyo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
31/08/06 Thr. シアトルへ
ビザの手続きでシアトルに行くことになった。
実はシアトルは1年半ほど前にも言っているので、なんとなく覚えていた。
ビザを申請するオフィスの建物は見たことがあったし、街を今回はバスでも回ってみた。
a0025766_15223463.jpg

シアトルのシンボルとして立つスペースニードルはこんな感じ。
街自体は坂道の多い港町なので、神戸とか長崎とかに近いのかもしれない。
でも、初めていったときはなんとなく福岡みたいだなと思った。
とくにFreewayの高架下がまるで福岡の都市高速。
a0025766_1527274.jpg


あと、シアトルは音楽の街としても90年代初頭に大きく有名になった。
それはとくに「ニルヴァーナ」のヒットによるところも大きい。
カナダに住んでいてても、飛行機で1時間半とはいえシアトルにもう来ることはなかなかないのではと思うので、やっぱり、カート・コベインが自殺した家や、その近くのベンチを見たかった。でも、調べてもどうも住所がわからず、断念。と言うことで、結局ジミー・ヘンドリクスの像だけは見てきた。道ばたにぽつんとあって意外に寂しかった。やっぱり毎日見るとそうもなるのかな。
a0025766_1534335.jpg

映画の『めぐり逢い』の舞台になったトム・ハンクスのボートハウスはシアトルにある。それもみたかったのだけど、道がわからず、インフォメーションも見つけられず、夕方になったので断念。

その晩の宿は運良くいま同じホームステイにいる日本人の人の姉がアメリカ人男性と結婚し、シアトル郊外に住んでいるので、頼んでそこで一晩宿を借りた。そのお姉さんはアメリカにだいたい10年住み、英語はぺらぺら。二児の母となっている。上の息子さんがもうすぐ三歳で、そのこが自分に慣れてくれたおかげで、そのこと遊んだ。子供と遊ぶのは楽しい。
晩ご飯も頂いて、とてもおいしい唐揚げだったのだが、子供達が寝たあと、彼女の旦那さんと一緒にスポーツバーへ。スポーツバーはテレビがあるバーで、プロスポーツの中継を放送している他に、客もかんたんなゲーム、ダーツや、ビリヤードといったものを楽しめる。
そこで彼とダーツ、ビリヤードをビールを飲みながら楽しんだ。やはり、ビリヤードは巧い。日本よりもみんなやってるんだろうな。その後12時近くまでいて、家に帰り寝た。
[PR]
by tomo-hyo | 2006-09-01 19:19 | 日常
<< 01/09/06 Fri. カ... 11/04/06 Tue. >>