アオゾラホワイト
  



テキサスで翻訳をしながら主夫をしている元地質学者のブログ。
by tomo-hyo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
24/09/06 日曜日の「仕事」
昨晩3時前に寝たけど、起きたのは9時過ぎ。
あんまり寝過ぎてリズムを崩すのは好きじゃない。

10時半ぐらいにみんなが起きてきたので、自分のつくった煮卵と豚肉をラーメンにのせてみんなに食べさせる。
おいしいと行ってくれたし、一人は、「合格、雇ってあげる!!」ともいってくれた。
そういう言葉がすごく嬉しい。

正午にパーティーのあった家を出て、ホストマザーに会いに行った。
実は21日が誕生日で、電話を忘れて気付いたらもう仕事が始まる時間になっていた。
もちろんカルガリーに帰っていることを伝えてなかったので、驚くと思った。
案の定驚いていたけど、big hugをもらってとても嬉しかった。
誕生日プレゼントを渡した。バナナをぶら下げて保存するやつと、キッチンペーパーたて、ダイニングテーブル用の塩・こしょう入れのセット。
彼女の家は現在改装中なので、その手伝いをした。床がフローリングになると結構雰囲気が変わるもんだった。
その後エドモントンでの暮らしの話をして、彼女の家に新しい冷蔵庫が届いた。その設置の手伝い。やっぱりこっちの家具は全体的に日本のよりも大きいので、運ぶのが大変だった。
そのときに、男手が生徒が一人、と彼女の息子が一人だけだったので、突然の訪問を、男手が増えたこととしても喜んでくれた。
そのあと、今月の初めにもらうはずだったカードをもらい、家を出た。

そして、メインのカップルの家に行って、晩ご飯。
寿司。
へたながらも、山ばっかりながらも手に入った海鮮で握りました。
やっぱり日本料理が一番だね。
その家に8時ぐらいまでいて、別れを惜しみながらもエドモントンへ帰ることに。

家に着いたのは11時。眠い。
ずっと運転してくれたR、ありがとう。


ホストマザーからもらったメールの一部を抜粋。
"You will always have a place in my heart (中略) The door will bwayways be open. (中略) My love will always be with you. Love always Mom."
[PR]
by tomo-hyo | 2006-09-24 23:24 | 日常
<< 30/09/06 フィールドトリップ 23/09/06 カルガリーの週末 >>