アオゾラホワイト
  



テキサスで翻訳をしながら主夫をしている元地質学者のブログ。
by tomo-hyo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
人と人とのつながり
a0025766_113747.jpg
実家に帰ってから母の紹介で個人経営の英会話学校に行った。
その学校の先生は、6年ほど前にALT(Assistant language Teacher)として日本に来られた方だった。
その先生の奥さん(日本人)を母は受け持ったとのことだ。
4月初めから6月17日まで通った。
週に3回、3時間だけだったがとても勉強になった。
得られたもので一番大きかったと思うのは、
英語に慣れたということだった。
先生が下手でも聞こうとしてくれてているからかもしれないが、
伝えようと言う努力をすることができた。
3ヶ月は短かったけれど、力になった。
それで、その学校をやめるときに、
先生の奥さんから海外であると助かるものをたくさん頂いた。
彼女はアメリカに留学経験があるので、
日本にはあるのに向こうにはなくて困るものがたくさんあったらそうだ。
そしてホームステイについても助言を頂いた。
学校の先生と奥さん、それに生徒の皆さんありがとうございました。

先週の金曜日の18日に、
父の学校来ているALTの方と話す機会が得られた。
ALTの方はカナダのオタワから来られた女性だった。
父経由で彼女の名刺をもらい、メールを2度送ったが、会うのは初めてだった。
なぜ日本に来たのかから、カナダの生活や文化、日本とカナダの違いなどについてたくさん話をした。
何とか言いたいことを伝えられ、聞き取れた。
これもやはり英会話のおかげだと言えると思った。
すごく楽しく、有意義に会話ができてよかった。
ALTの方だけじゃなく、この機会を作ってくれた父にも大きく感謝している。

実家に帰ってから感じたのは
やはり人と人とのつながりの重要さだった。
以前に書いているが、友達がいる大切さもそうだが、
自分の事を考えてくれている父母と
それを取り巻く人々のつながりから、
その大切さがひしひしと伝わった。
一度出会って話をしたならば、その人のことは覚えているだろう。
一期一会を大切にして、人との強いつながりを持って行きたいと感じた。
そんな人とのつながりを大切にできるような、
父母のような人間になりたいと思った。
[PR]
by tomo-hyo | 2004-06-21 11:39 | 日常
<< 旅立ち 感謝 >>