アオゾラホワイト
  



テキサスで翻訳をしながら主夫をしている元地質学者のブログ。
by tomo-hyo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
<   2004年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
きゃんぷとか
キャンプはとても楽しかった。
何もかもが真新しく輝いていた。
車の中からは見渡す限りの地平線があって、すごく変な感じ。
キャンプ場にはホストマザーの親戚たぶん総勢9家族集まっていた。
マザーの兄弟もいたし、息子兄弟もいた。
日本では考えれないぐらい皆が仲良く、うらやましかった。
キャンピングトレーラーみたいなのを持っている人も多いみたいで、
すべての家族がテントと寝袋は持っていた。
近くの湖で泳ぎもした。
湖は遠浅で、200Mぐらい言っても水はおなかぐらいまでだった。
言葉がやっぱり理解できない。
理解できても、どう答えたら言いのかがわからない。
すごく悲しかった。
理解できてもこっちが話せなかったら同じなんだと痛感した。
みんなが話していることが分かりたいとつくずく思った。
話せるようになる!

キャンプで他の家族が日本人の生徒を連れてきていた。
そこに3人の日本人の女の子がいたけれど、ほとんど日本人同士でかたまっていた。
それってやっぱり意味がないと思う。日本語を使ったら絶対上達しないと思う。
確かに自分もほとんど話せなかったけど、意味があったと思う。
だから日本人とは話さなかった。
自分を表現できるようになりたいよ。
[PR]
by tomo-hyo | 2004-06-29 04:23 | 日常
何とか
無事にカルガリーについていろいろなことがあった。
ステイマザーのゲイルはすごくいい人だった。
何人も生徒を受け入れているみたいなので日本にも何回も行ってるみたい。
息子さんも茨城に住んでるんだって。
週末に早速キャンプに参加した。
もちろんみんな英語だったけど楽しかった。
もっと理解できたらいいのにと痛感した。
主に子供と一緒に遊んだ。
日焼けもしたし湖で泳ぎました。
楽しかったです。
今日は語学学校のテストと説明があった。
これは学校から更新してます。
[PR]
by tomo-hyo | 2004-06-29 03:03 | 日常
旅立ち
a0025766_048.jpg
明日はついに出発。
3ヶ月間の実家暮らしからの急激な変化について行けるのか、
少し心配だが、やはり楽しみだ。
気落ちしていては何もできないという考え方ができるようになった気がする。
やはり前向きに、突っ走るぐらいの勢いも自分には必要なんだ。

これからは英語ばかりだろうけれどやれるだけ努力して突っ走る!
頑張ります。
[PR]
by tomo-hyo | 2004-06-23 00:05 | 日常
人と人とのつながり
a0025766_113747.jpg
実家に帰ってから母の紹介で個人経営の英会話学校に行った。
その学校の先生は、6年ほど前にALT(Assistant language Teacher)として日本に来られた方だった。
その先生の奥さん(日本人)を母は受け持ったとのことだ。
4月初めから6月17日まで通った。
週に3回、3時間だけだったがとても勉強になった。
得られたもので一番大きかったと思うのは、
英語に慣れたということだった。
先生が下手でも聞こうとしてくれてているからかもしれないが、
伝えようと言う努力をすることができた。
3ヶ月は短かったけれど、力になった。
それで、その学校をやめるときに、
先生の奥さんから海外であると助かるものをたくさん頂いた。
彼女はアメリカに留学経験があるので、
日本にはあるのに向こうにはなくて困るものがたくさんあったらそうだ。
そしてホームステイについても助言を頂いた。
学校の先生と奥さん、それに生徒の皆さんありがとうございました。

先週の金曜日の18日に、
父の学校来ているALTの方と話す機会が得られた。
ALTの方はカナダのオタワから来られた女性だった。
父経由で彼女の名刺をもらい、メールを2度送ったが、会うのは初めてだった。
なぜ日本に来たのかから、カナダの生活や文化、日本とカナダの違いなどについてたくさん話をした。
何とか言いたいことを伝えられ、聞き取れた。
これもやはり英会話のおかげだと言えると思った。
すごく楽しく、有意義に会話ができてよかった。
ALTの方だけじゃなく、この機会を作ってくれた父にも大きく感謝している。

実家に帰ってから感じたのは
やはり人と人とのつながりの重要さだった。
以前に書いているが、友達がいる大切さもそうだが、
自分の事を考えてくれている父母と
それを取り巻く人々のつながりから、
その大切さがひしひしと伝わった。
一度出会って話をしたならば、その人のことは覚えているだろう。
一期一会を大切にして、人との強いつながりを持って行きたいと感じた。
そんな人とのつながりを大切にできるような、
父母のような人間になりたいと思った。
[PR]
by tomo-hyo | 2004-06-21 11:39 | 日常
感謝
a0025766_02516.jpg
カナダに行くにあたって携帯を解約するので、
アドレスがわかっている人だけだけど、メールを送った。

そしたらたくさんの返信が帰ってきた。
すごくすごくすごく嬉しかった。
すごく久しぶりの人もいたのに、
すぐ返事帰ってきたりして、
本当にみんなには感謝しています。
すごく励みになり、嬉しい。

こんなにたくさんの人から思われていること、
友達がいることはすごくいいことだなと痛感した。
友達を大切に大切にしたいと思う。
いつまでも仲良くしてください、みなさん。
[PR]
by tomo-hyo | 2004-06-18 00:26 | 日常
もうすぐ
もうすぐカナダに出発する。
1週間なんて早く過ぎてしまう。
時間は大切なはずなのに、浪費してしまう。
自分が情けない。
今日も早く起きたのに二度寝して10時頃目が覚めた。
あーもったいない、きちんと生活します。
[PR]
by tomo-hyo | 2004-06-16 15:38 | 日常
野球について
自分が初めて野球にはまったのはいつなのか考えてみた。
中学時代に友達の家でしたゲーム、実況パワフルプロ野球(以下パワプロ)
あれがはじめの出会いだったと思う。すごくはまった。
それ以来野球が好きになった。
まだ当時はパワプロ3でスーファミ版だった。
でも初めてサクセスが登場して最も印象深い。

当時はイチローが活躍し始めた頃だった。
パ・リーグはオリックスが強く、近鉄・ダイエーは最下位争いをしていた。
オリックスにはニールやD.Jがいて、日ハムにはブリトー、西崎らがいた。
近鉄の四番は石井だった。確か大石も現役だった。
ダイエーには吉永や小久保がいてエースは工藤だった。
西武には清原がいて、ロッテは小宮山・伊良部・ヒルマンの三本柱がいた。
一方セ・リーグは、阪神は最下位で、新庄がいた。真弓も現役だった。
また巨人の四番は落合で、マックやガルベスがいた。
中日にはパウエルがいて、エースは今中だった。
ヤクルトにはオマリー、若林がいた。伊東コーチも現役だった。
広島は野村が3割30本30盗塁をしてすぐぐらいで、強かった。前田も足が速かった。
横浜はローズ、ブラッグスの両外国人がいた。

こう書いてみるととても懐かしい。
あの日に帰りたいではないけど、とても楽しかった。
基本能力も高かった。
久しぶりにやったら映像のクオリティーの低さにがっかりするんだろうな・・・。
[PR]
by tomo-hyo | 2004-06-07 18:32 | 野球
つゆ
全国各地で梅雨入りしたらしい。
なのに今日も朝からいい天気、朝日で目が覚めた。
風が部屋に入らず、暑い・・・
蒸し暑いのはいやだ。
水不足は嫌だけど、梅雨早く終わってほしい。
[PR]
by tomo-hyo | 2004-06-07 18:14 | 日常